SCORE CARDBACK NUMBER

諏訪魔の双肩にかかる、
新生「全日本」の浮沈。
~“最後の3冠王者”が挑む「王道」~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/09/08 08:00

諏訪魔の双肩にかかる、新生「全日本」の浮沈。~“最後の3冠王者”が挑む「王道」~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

3冠が誕生した歴史ある会場で2度目の防衛に成功した諏訪魔。名門復活の重責を背負う。

 白石伸生社長新体制となった全日本プロレスは8月9日、団体の看板である3冠ベルト(インターナショナル、PWF、UN各ヘビー級チャンピオンベルト)をジャイアント馬場家に返還すると発表した。新企画の「王道トーナメント」(オープン選手権)開催を9月に予定し、秋の興行に向けてスタートを切る。

 1989年4月、ジャンボ鶴田が、大田区体育館でスタン・ハンセンを破って統一戦を制し、3冠初代王者になってから24年。最後の3冠ヘビー級選手権試合となったのが、8月25日に大田区総合体育館で行なわれた王者・諏訪魔vs.バーニングの荒武者・潮崎豪の一戦だ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 646文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

<完全保存版>イチロー不滅の4000本。~最強打者と数字の美しい関係~

関連記事

諏訪魔
潮崎豪

プロレスの前後の記事

ページトップ