SCORE CARDBACK NUMBER

中心選手が次々に引退。
ヤンキース、危急存亡の秋。
~生え抜きが去った盟主の過渡期~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/10/04 06:00

中心選手が次々に引退。ヤンキース、危急存亡の秋。~生え抜きが去った盟主の過渡期~<Number Web> photograph by Getty Images

ペティットは引退表明2日後のジャイアンツ戦がヤンキースタジアム最終の登板となった。

 メジャー通算255勝(9月25日現在)左腕、ヤンキースのアンディ・ペティットが、今季限りで現役から引退することを表明した。抜群の安定感に加え、ポストシーズン最多の19勝をマークするなど、大舞台で無類の勝負強さを発揮し、'96年をはじめ、近年5回のワールドシリーズ制覇の原動力となってきた。今年は8月末に10勝目を挙げたものの、全盛期のようなキレ味はなく、公式戦終了を前に、第一線から退く決意を固めた。

「今が一番いい引き際だと思う。ヤンキースがひとつの時代を終えて、新たな時代へ移る時だと思う」(ペティット)

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 672文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

エースたちの日本シリーズ。~秋の頂上決戦秘話~

関連記事

アンディ・ペティット
ニューヨーク・ヤンキース
マリアノ・リベラ
デレク・ジーター

MLBの前後の記事

ページトップ