スポーツ・インテリジェンス原論BACK NUMBER

上原浩治、34人連続アウトの新記録!
鍵は配球を支えるある球種と“ゴロ”。 

text by

生島淳

生島淳Jun Ikushima

PROFILE

photograph byAP/AFLO

posted2013/09/13 10:30

上原浩治、34人連続アウトの新記録!鍵は配球を支えるある球種と“ゴロ”。<Number Web> photograph by AP/AFLO

チームの絶対的信頼を背負って9回のマウンドに立ち続ける上原浩治。アメリカで投手の評価によく使われるWHIP(1回あたり何人の走者を出すか)は現在0.57と、MLB史上でも屈指の数字を叩き出している。

3年前は3分の2がストレート、今は……。

 上原がブルペンに転向したのはオリオールズ時代の2010年のことである。現在はその3年前と比べると、配球がまったく違っているのだ。

  ストレート カット系 カーブ スプリット
2010 66.30% 5.60% 0.10% 16.30%
2013 46.70% 5.90% 0.30% 47.10%

 3年前は投球のおよそ3分の2がストレートだった。しかしいまでは、最も多投しているのがスプリットなのである。

 そして「打者の目先を変えるため」にカット系(上原本人はカットファストボールとは呼ばない。常に『カット系』)と、わずかではあるがカーブを織り交ぜている。

 3年の歳月の間に、スプリットのコントロールが格段に良くなり、ストライクが先行することが強みになっている。11日の試合でも、ボール球に手を出すレイズの打者が目立った。

 コントロールもさることながら、スプリットの軌道が打者の打ち気を誘い、そこからボールゾーンへ球が逃げていく。見ていて惚れ惚れする投球だ。

 それにともなって、バッターの「打球の質」も変わってきたのも注目点である。

 もともと上原は自分のことを、フライの多い

「フライボール・ピッチャーですよ」

 と語っていたのだが、今季はゴロアウトが多くなってきた。打球における割合を、3年前の数字と比較してみよう。

アメリカで評価される「ゴロを打たせるピッチング」。

●2010年
ゴロ23.6% フライ58.2%

●2013年
ゴロ40.5% フライ49.6%

 ゴロの割合が格段に増えている。

 アメリカではフライボール・ピッチャーよりも、「グラウンドボール・ピッチャー」の方が好まれる。それはそうだ。フライは本塁打につながる確率が高いし、ゴロが多ければダブルプレーの可能性も高まる。

 上原はスプリットを磨くことで、安心、確実なクローザーの評価を得たのである。38歳にして、まだまだ「進化」を続けているのだ。

 上原のチャレンジは10月も続く。

 いよいよポストシーズンは目前、上原がレッドソックス・ファンから背負う期待は限りなく大きい。

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

上原浩治
ボストン・レッドソックス

MLBの前後のコラム

ページトップ