SCORE CARDBACK NUMBER

3年ぶりの四大大会出場。
奈良くるみの着実な歩み。
~故障、停滞を乗り越えた全米OP~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/09/07 08:00

3年ぶりの四大大会出場。奈良くるみの着実な歩み。~故障、停滞を乗り越えた全米OP~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

予選を突破した奈良。7月にポートランドで行なわれた下部大会では優勝を果たしている。

 歯車が元に戻るのに3年かかった。奈良くるみは8月末に開幕した全米で予選を突破、2010年ウィンブルドン以来3年ぶりに四大大会本戦の舞台に立った。「3年と言われると、そんなに長かったかなと」。奈良は、実感がないという表情を見せた。どれだけもがいたのか、本戦開幕直前の囲み取材で根掘り葉掘り聞こうとは思わなかったが、決してくさらず、鍛錬を重ねてきたことは今の彼女の姿から容易に想像できる。

 '09年、17歳で全日本選手権初優勝。翌'10年には全仏で予選を突破し、四大大会初出場を果たす。さらにウィンブルドンで四大大会初勝利と日の出の勢いだった。しかし、その夏、全米の前哨戦で左足首をねんざ。ここから突如、空転し始める。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

奈良くるみ

テニスの前後のコラム

ページトップ