SCORE CARDBACK NUMBER

デ杯WG復帰を決めた、
“優男”添田の変身ぶり。
~錦織圭に続く2番手の意地~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2013/10/14 08:02

デ杯WG復帰を決めた、“優男”添田の変身ぶり。~錦織圭に続く2番手の意地~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

2勝2敗のタイから初めて勝利した添田(中央)は、「勝って泣いたのは初めて」と語った。

 なんとしてもワールドグループに復帰する――デビスカップ日本代表の熱い思いを、エース錦織圭に次ぐ2番手、添田豪がかなえた。9月13日から行なわれた入れ替え戦で、日本はコロンビアを3-2で下し、16カ国からなるワールドグループへの2年ぶりの復帰を決めた。最終日の第1試合で錦織が勝って2勝2敗となり、チームの命運は最終試合にかかったが、添田がアレハンドロ・ファジャを逆転で下した。

 ファジャとの対戦成績は0勝1敗、苦手意識もあったという。しかし、添田には負けられない理由があった。デ杯で2-2からの最終戦に登場するのは4度目、これまで3戦全敗だった。最善は尽くしたが、チームの期待を裏切る形になった。なかでも'07年のルーマニア戦と昨年のイスラエル戦で味わった悔しさは「ずっと引っかかっていた」。そんな思いは金輪際、味わいたくなかったのだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 512文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

錦織圭
添田豪

テニスの前後の記事

ページトップ