SCORE CARDBACK NUMBER

アズーリ凋落の原因は
外国人選手にあり。
~自国選手が育たないセリエA~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2013/08/31 08:00

アズーリ凋落の原因は外国人選手にあり。~自国選手が育たないセリエA~<Number Web> photograph by Getty Images

カターニャは登録18人のうちアルゼンチン人選手が8人。イタリア人より多い(8/15現在)。

 本田圭佑のミラン移籍が取沙汰される中、イタリアでは「セリエAは外国人選手を減らすべきではないか」という論調が盛んになっている。

『ガゼッタ・デッロ・スポルト』紙が発表した集計によると、セリエAに在籍する外国人選手の数は、2006~2007シーズンは全体の29.4%に過ぎなかったが、それ以降年々増加し、昨シーズンには54.7%を記録。6年間でその数はほぼ倍増し、現在では所属の半数以上が外国人選手となった。ちなみに最多はアルゼンチン人の50人で、ブラジル人が43人でこれに続く形だ。

 優れた外国人選手がやってくるのは魅力的なことではある。セリエAの歴史を振り返ってみても、'80年代のジーコやプラティニ、『グランデ・ミラン』のオランダトリオや、ジダン、シェフチェンコなど、一時代を築いた選手には外国人も多い。しかし昨今のセリエAの地位低下により、スター選手はプレミアリーグやリーガを目指すようになった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 496文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ドイツの時代がやってくる!~日本代表が語るブンデスリーガ~

関連記事

アリゴ・サッキ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ