濃度・オブ・ザ・リングBACK NUMBER

もはやK-1への登竜門ではない!
2年目「Krush」の推進力。 

text by

橋本宗洋

橋本宗洋Norihiro Hashimoto

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2010/11/11 10:30

もはやK-1への登竜門ではない!2年目「Krush」の推進力。<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

尾崎圭司(写真左)は、大学時代全日本テコンドー選手権を3連覇した実力派。高校時代もフィンスイミングで日本記録を樹立するなど、高い身体能力を持つ

選手たちが好む、K-1にはないKrushの魅力とは?

 トーナメントにエントリーするのは石川直生、上松大輔、それにK-1甲子園王者の野杁正明といったトップクラスのファイター8人。63kgから階級を戻した選手も多い。宮田充プロデューサーは「出場枠はすぐに埋まってしまいました。それだけ、60kg級にはいい選手が多いんですよ」と言う。

 逆にいえば、70kgや63kgではなくても、つまりK-1参戦に直結しなくても、Krushのベルトそのものに価値があると感じる選手が多いということだ。

「もちろんK-1には出たいです。でも、Krushをそのための登竜門だとは思ってない。僕にとってはホームリングですから」

 特定の団体に所属しないフリージムの選手として様々なリングに上がり、K-1参戦経験を持つ尾崎をして、そう言わせる舞台がKrushなのだ。彼は63kg級の選手だが、55kg級と60kg級の一回戦が行なわれる12月大会にもワンマッチ参戦を表明している。

「Krushといえば尾崎と言われるようになりたいんです」というのが連戦を希望する理由だ。

関連記事

BACK 1 2
尾崎圭司

格闘技の前後の記事

ページトップ