SCORE CARDBACK NUMBER

女子高生キックボクサー
神村エリカが抱く決意。
~11月14日、世界二冠はなるか?~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph byYoshiyuki Mizuno

posted2010/11/09 06:00

女子高生キックボクサー神村エリカが抱く決意。~11月14日、世界二冠はなるか?~<Number Web> photograph by Yoshiyuki Mizuno

9月の初防衛戦、ノングネーンにラッシュを仕掛ける神村(左)。ダウンを奪い判定勝ち

 その痛烈な左ミドルキックを見たら、「女子だから」という偏見は吹き飛んでしまう。素顔はお化け屋敷を怖がるビビリの高2ながら、神村エリカは突出した強さと際立った存在感を見せてくれるキックボクサーだ。現在はWPMF世界ミニフライ級王座とJ-GIRLS同級王座を保持し、通算戦績は15戦14勝(4KO)1敗。ミドルキックやローキックで相手を圧倒する戦法を得意とする。

 女子キックのルーツを辿れば、30年以上前に遡る。黎明期は明らかに“色モノ”として扱われていた。全身から殺気を漂わせる神村を目の当たりにしたら隔世の感がある。現在は女子だけの大会も増えたが、神村は「自己満足で終わっている選手も多いと思う」と言い放つ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 589文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

神村エリカ

格闘技の前後のコラム

ページトップ