SCORE CARDBACK NUMBER

井口資仁を奮い立たせる
若手への意地と温かい心。
~ロッテの主軸としての責任感~ 

text by

永谷脩

永谷脩Osamu Nagatani

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2013/07/30 06:00

井口資仁を奮い立たせる若手への意地と温かい心。~ロッテの主軸としての責任感~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

ロッテ立花打撃コーチは、「バットコントロールと思い切りの良さはウチで一番」と評価。

 ここ4年間、ロッテは間違いなく井口資仁のチームだった。

 西村徳文監督率いるロッテが日本一になったのは、まだ記憶に新しい2010年。あの時若手の精神的支柱になっていたのが、主将の西岡剛(現阪神)や選手会長のサブローに加え、メジャーから日本に復帰して2年目の、優勝経験を持つ井口だった。

 30代も後半に差し掛かりながら、率先して結果を残し、得点圏打率3割4分、打点はリーグ2位の103を記録。クライマックスシリーズに入ると、「ここで燃えなければ必ず悔いが残るんだ」とナインにハッパをかける井口の姿があった。西岡は当時、「井口さんから優勝の奥深さを学んだ」と語っていたほどだ。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 596文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

千葉ロッテマリーンズ
井口資仁

プロ野球の前後のコラム

ページトップ