青春GOLF ――石川遼に密着! BACK NUMBER

ジャンボ尾崎の殿堂入りで考える。
石川遼が選ぶ道は“ガラパゴス化”? 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byKYODO

posted2010/10/13 10:30

ジャンボ尾崎の殿堂入りで考える。石川遼が選ぶ道は“ガラパゴス化”?<Number Web> photograph by KYODO

日本で独自に進化を遂げていくのか、それとも……。

 石川の父・勝美氏は米ツアー本格参戦には消極的な態度を貫いており、石川自身も「いつかはPGAツアーで戦える選手になりたい」と言うだけで、現時点では具体的なプランを示していない。今季は日本ツアーでの実績を足がかりに、スポット参戦だけで4大メジャーを含む11試合に出場。これだけ出られれば十分という考えもあるのかもしれない。

 今後も日本にとどまるなら、尾崎のような圧倒的な強さでツアーに君臨する可能性もあるだろう。ただし、それは海外にまで訴えかける実績ではなく、流行りの言葉でいえば“ガラパゴス化”した強さである。

 今回新たに殿堂入りを決めた南アフリカ出身のアーニー・エルスは「国際部門」ではなく、「PGAツアー、チャンピオンズツアー部門」での殿堂入りとなった。こちらの条件は(1)40歳以上 (2)米ツアーで10年以上メンバーとしてプレー (3)米ツアーで10勝以上挙げるか、メジャーとプレーヤーズ選手権を合わせた5大会で2勝以上していること。石川が早い時期に米ツアーに飛び出せば、こちらの条件を満たせる可能性も出てくるはずだ。

 殿堂入りするような選手に成長していくには日本にいようと、海外に飛び出そうと、不断の努力が必要なことは言うまでもない。その上で日本で独自に進化を遂げていくのか。海外の環境に適応して経験を重ねていくのか。

 いつか石川自身が選び取る道はどちらになるのだろうか。

関連記事

BACK 1 2
尾崎将司
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ