SCORE CARDBACK NUMBER

内山のKO防衛で高まる、
リナレス戦への期待感。
~「黄金カード」の実現可能性~ 

text by

前田衷

前田衷Makoto Maeda

PROFILE

photograph byBOXING BEAT

posted2010/10/07 06:00

内山のKO防衛で高まる、リナレス戦への期待感。~「黄金カード」の実現可能性~<Number Web> photograph by BOXING BEAT

プロ戦績は16勝13KO無敗。キャッチフレーズの「KOダイナマイト」にももう慣れたという

 守りの堅い相手に、ボディを攻めて意識を下に集中させ、一転、ガードの手薄になった顔面に強烈な右フックを打ち込む――内山高志がセオリー通りの攻めでインドネシアの刺客ロイ・ムクリスを撃退。豪快かつ頭脳的なTKO勝ちで、WBA世界スーパーフェザー級王座の2度目の防衛に成功した。

 内山の評判が右肩上がりだ。1月の王座獲得戦を含め、3度の世界戦をすべてKOで終わらせたのは、日本人世界王者として初。単なるスラッガーではなく、アマチュアで頂点を極めた技術的ベースも、確かな試合運びにつながっている。

 倒しっぷりは派手だが、素顔は常に謙虚さを忘れない大人のボクサーである。アマチュア時から人一倍の練習を積む努力家として知られ、「恐れず、驕らず、侮らず」(出身校である花咲徳栄高校ボクシング部のモットー)を体現している。今回も試合後の敗者を思いやる態度にチャンピオンかくあるべしと好感を抱いたファンも多かったに違いない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 519文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

そうだったのか! 欧州サッカー。

Sports Graphic Number 763

そうだったのか! 欧州サッカー。

 

関連記事

内山高志
ホルヘ・リナレス

ボクシングの前後の記事

ページトップ