SCORE CARDBACK NUMBER

“和製横綱”稀勢の里
誕生の可能性は。
~胆力を問われる名古屋場所~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/07/11 06:00

“和製横綱”稀勢の里誕生の可能性は。~胆力を問われる名古屋場所~<Number Web> photograph by KYODO

顔を赤くして坂道をダッシュする稀勢の里。大相撲人気回復の起爆剤として期待がかかる。

「来場所の稀勢の里は綱取りだと思いますので、応援してあげてください!」

 先の5月場所千秋楽、25回目の優勝インタビューで、白鵬はこう語った。7月7日に初日を迎えた大相撲名古屋場所。はたして稀勢の里は、3代目若乃花以来の「和製横綱」となり得るか。

「常総の赤鬼」と地元茨城応援団に名付けられるほどに、その顔が紅潮し、目をパチパチとしばたたかせる。気合いが空回りするのが、これまでの稀勢の里だった。しかし、先場所は違った。力むことなく、精神面でも落ち着きを見せ、その立ち合いも腰をしっかりと割り、低い体勢から当たることで、おっつけもより効果を増していた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 598文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

やっぱりホームランが見たい。

Sports Graphic Number 832

やっぱりホームランが見たい。

 

関連記事

稀勢の里
白鵬

相撲の前後の記事

ページトップ