SCORE CARDBACK NUMBER

秋場所の話題は稀勢の里か、
イケメン“超新星”遠藤か。
~叩き上げとエリート力士に注目~ 

text by

佐藤祥子

佐藤祥子Shoko Sato

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/08/20 06:00

秋場所の話題は稀勢の里か、イケメン“超新星”遠藤か。~叩き上げとエリート力士に注目~<Number Web> photograph by KYODO

13日目に栃乃若を破って優勝を決めた遠藤。白鵬も「いい相撲を取っていた」と絶賛した。

 7月の酷暑のなか、満員御礼の垂れ幕が7日間も下がった大相撲名古屋場所。しかし、初めての綱取り場所として注目された稀勢の里は、7日目までに平幕の栃煌山、千代大龍、関脇豪栄道に敗れて早々に3敗。昇進の夢はかすかな余韻も遺さずに潰えてしまった。

 それでも14日目の白鵬戦では、すでに13日目に26回目の優勝を決めていた横綱を寄り倒し、その連勝記録を43でストップさせた。会心の白星で来場所に綱取りの望みの糸をつなぐも、千秋楽には分の悪い相手、琴奨菊に完敗。11勝4敗の成績に終わり、綱取りは振り出しに。先場所の「すわ、初優勝なるか」に続き、またもやファンの期待を裏切る結果となってしまった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 610文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

甲子園熱風録。~誇り高き敗者の夏~

関連記事

稀勢の里
遠藤

相撲の前後の記事

ページトップ