フットボール“新語録”BACK NUMBER

なぜコンフェデ杯で全敗したのか!?
データが示す日本代表の意外な弱点。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/28 10:30

なぜコンフェデ杯で全敗したのか!?データが示す日本代表の意外な弱点。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

イタリアには善戦したものの、終わってみれば3戦全敗と惨敗した日本代表。ザッケローニ監督は「どこを強化するかというところがはっきり見えてきた」と語ったが、W杯まで残り1年で巻き返せるか。

サイドからの攻撃を重視する割にはクロスが少なすぎる。

 そして3つ目はクロスの数。日本はA組で最も少なかった。

●クロス数
  クロス数 成功数 成功率
イタリア 66 10 15%
ブラジル 51 16 31%
メキシコ 47 13 28%
日本 33 11 33%

 スペインのクロス数は「35」と少なく、徹底的にパスをつないで、多彩な攻撃ができるならクロスが少なくても問題ない。だが、ザックはサイドからの攻撃を重視しているのだ。

 日本はクロスの成功率が高く、一か八かのクロスを上げてないのは評価できるが、もっと正確なクロスを上げる場面を作りたいところだ。

 限られたデータで完全な全体像を見るのは難しいが、いくつかのディテールを浮かび上がらせることはできる。タックル、ソロラン、クロスの向上を期待したい。

関連記事

BACK 1 2 3 4
本田圭佑
アルベルト・ザッケローニ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ