日本代表、コンフェデ道中記BACK NUMBER

硬直化したザックジャパン、3連敗。
“雪辱のW杯”に向けて我々も覚悟を。 

text by

戸塚啓

戸塚啓Kei Totsuka

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/23 12:35

硬直化したザックジャパン、3連敗。“雪辱のW杯”に向けて我々も覚悟を。<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama

「ブラジルとの試合ではアプローチを誤った」「イタリアとは互いにハイレベルな試合ができた。体調が良いならこういうプレーができると世界に披露できた」「メキシコ戦ではイタリア戦から疲れが回復していなかった」とコンフェデの3戦を総括していたザッケローニ監督。

ザッケローニ監督の采配を、もう一度見直す必要がある。

 ザックの采配にも触れなければならない。リードされている展開で、DFを交代させるのは最適の一手なのか。力ずくでも同点に追いつこうとしないことが、本当に未来へつながるのか。チーム結成からほぼ3年が経過しながら選手交代がパターン化しているのは、レギュラーと控えの実力差がいまだ著しいからなのか。

 ザックの考えが凝り固まっていると、僕には受け取れる。コンフェデ杯で見せた交代のカードは、率直に言って効果をもたらさなかった。

 日本国内での評価において、現在のチームは歴代の代表でもっとも可能性豊かと言っていい。しかし世界における相対評価では、日本はセカンドグループの一角を担えるかどうかというポジションだ。トップグループには食い込めていない。

 ワールドカップでグループステージを突破するには、少なくともメキシコと同等クラスの相手から勝点を奪わなければならない。だとすれば、善戦に拍手をおくるだけでなく、勝ち切れないチームを厳しく評価する覚悟こそが、我々には必要だ。

 コンフェデ杯の3連敗は、日本代表ではなく日本サッカー界が喫したものである。ザックのチームのポテンシャルを最大値まで引き出すためにも、彼らを取り巻く我々が決意を固めなければならない。

この記事の全文は「Number PREMIER」でお読みいただけます。
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
《バスケ日本代表》ベネズエラ戦、7分18秒の真実…「信じていますか?」トム・ホーバスに問われ続けた比江島慎と川真田紘也
甦る死闘。 True Stories of 2023. - Number1086号 <表紙> 大谷翔平

Sports Graphic Number 1086
甦る死闘。
True Stories of 2023.

2023年12月7日発売
800円(税込)

Amazonで購入する

BACK 1 2 3
アルベルト・ザッケローニ
香川真司
ハビエル・エルナンデス
遠藤保仁
前田遼一

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ