Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<元主将の回想と提言> 宮本恒靖 「コンフェデからW杯へあと1年で何ができるか」 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2013/06/18 06:01

<元主将の回想と提言> 宮本恒靖 「コンフェデからW杯へあと1年で何ができるか」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
W杯出場を決めた代表に残された時間は多くない。
コンフェデに挑むザックジャパンは、この舞台で何を得て、
来るべき本番にどう繋げるべきなのか。ラスト1年のプロセスを
もっとも良く知る男に、“コンフェデ活用術”を聞いた。

 コンフェデで何を掴み、W杯にどうつなげるか――。決してレベルが高くないアジアにいる日本代表にとって、最も重要なテーマのひとつだ。

 その“ラスト1年”のプロセスにおいて、元日本代表キャプテンの宮本恒靖は、歓喜と悔しさの両方を味わって来た人物である。

 現在、宮本はFIFA大学院の授業のため、スイスに滞在している。首都ベルンの目抜き通りのカフェの席に着くと、選手時代と変わらぬ引き締まった表情でゆっくりと語り始めた。

「コンフェデは特殊な大会ですよね。タイトルがかかっているから真剣味はある。けれどW杯予選ほど『負けちゃいけない』というプレッシャーはない。だからレベルの高さを楽しみながら、チャレンジできる。チームの立ち位置、そして個人の立ち位置がはっきりと見えてくる大会です」

【論点1】アジアと世界の差をどう克服するか。

 W杯アジア予選と、各大陸の王者が集う大会では当然レベルが異なる。W杯モードに切り替えるうえで、コンフェデは絶好の舞台だ。

 宮本は日本代表のキャプテンとして、2005年にドイツで開催されたコンフェデに出場した。メキシコ、ギリシャ、ブラジルと同組。W杯予選でバーレーンや北朝鮮と戦っていた日本にとっては、どこも格上である。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 3307文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

さあ、ブラジルだ。~2014W杯出場決定&コンフェデ総力特集~
宮本恒靖

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ