メディアウオッチングBACK NUMBER

日本代表に対する
第三者からの貴重な本音。
~世界が報じた日本サッカー~ 

text by

田邊雅之

田邊雅之Masayuki Tanabe

PROFILE

photograph bySports Graphic Number

posted2010/09/14 06:00

日本代表に対する第三者からの貴重な本音。~世界が報じた日本サッカー~<Number Web> photograph by Sports Graphic Number

『世界は日本をどう報じたか 日本がサッカーの国になった日』 木崎伸也著 KKベストセラーズ 724円+税

内外で一番温度差があったパラグアイ戦の報道。

 対照的にデンマーク戦は、試合結果もさることながら、戦いに臨む「姿勢」においても高い評価を受けた。しかしグループリーグを突破した悦びもつかの間、日本代表は再び厳しい評価にさらされる。

「パラグアイ戦の報道は、内外で一番温度差がありました。スペインのアナウンサーなどは『こんなつまらない試合を流してすみません』と謝っていたぐらいです。僕自身、代表が決勝トーナメントでそんな試合をしたのは本当に残念だったし、さらに一歩前に進むためのチャンスをふいにしたという印象が強かった」

 一連の考察を経て説かれるのは、南アにおける岡田ジャパンの戦いぶりを絶対的な成功例とせず、新たなモデルを模索することの必要性である。その指針はいささかの逆説を含み、実に興味深い。

「大事なのは、周囲の評価を気にし過ぎないことです。じゃあなぜこんな本を書くんだということになりますが(笑)、相手の良さを消すのではなく、自分たちの良さを出すサッカーを目指さないと、次の段階には進めないと思うんです」

 日本代表に対する海外の貴重な本音と、著者の真摯で愛情あふれる視線。本書はサッカーファン必読の書である。と同時に、カメルーン戦などに象徴されるように「日本戦の報道を通して、各国のサッカー文化の違いを知る」ためのきわめて良質なテクストにもなっている。

関連記事

BACK 1 2
南アフリカW杯
ワールドカップ

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ