SCORE CARDBACK NUMBER

第2の石川遼、宮里藍を
期待させるジュニアたち。
~日本ジュニア選手権を振り返る~ 

text by

三田村昌鳳

三田村昌鳳Shoho Mitamura

PROFILE

photograph byTaku Miyamoto

posted2010/09/11 08:00

第2の石川遼、宮里藍を期待させるジュニアたち。~日本ジュニア選手権を振り返る~<Number Web> photograph by Taku Miyamoto

全国中学選手権、ジュニア選手権(12~14歳)ともに制した伊藤誠道。藤沢市立湘洋中3年

 日本ジュニア選手権は、プロゴルファーを目指す競技者の第一歩である。1957年から開催されているが、当時は男子だけの大会だった。優勝者を辿ると、倉本昌弘、湯原信光、川岸良兼、丸山茂樹、深堀圭一郎、宮里優作、池田勇太、石川遼と、そうそうたる顔ぶれだ。

 女子('69年に初開催)の方でも、優勝者を見ると、福嶋晃子、横峯さくら、宮里藍、原江里菜、宮里美香など、誰もが知っている選手が並ぶ。

 現在では、男女とも15~17歳、12~14歳の2つの部門に分かれて、競技が行なわれている。 正式に日本ゴルフ協会主催となったのは'95年。以来ここ10年近くの間にジュニアのレベルはどんどん上がっている。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ゴルフの前後のコラム

ページトップ