Sports Graphic Number MoreBACK NUMBER

<全仏からウィンブルドンへ> 錦織圭 「ナダルが浮き彫りにした“実力”」 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byAFLO

posted2013/06/13 06:00

<全仏からウィンブルドンへ> 錦織圭 「ナダルが浮き彫りにした“実力”」<Number Web> photograph by AFLO

BIG4と渡り合うために強化すべきポイントとは?

 神経戦の末、地元の観客に後押しされたブノア・ペア(フランス)を破った3回戦でも明らかなように、錦織の精神力は一流と言える。しかし、ここでは心の弱さを露呈した。土橋氏は「もう一段高いレベルのメンタルを身につけなくてはいけない」と言う。

「ナダルにしてもノバク・ジョコビッチにしても、BIG4は更に強いメンタルの持ち主だが、錦織は彼らともメンタル面で駆け引きをして、勝たなくてはならない」

 錦織にBIG4と渡り合える可能性を見る土橋氏は、厳しい注文をつけた。

 スタッツで物足りないのは、ファーストサーブが入った時の得点率。一流の目安は70%だが、この試合の錦織は53%。左わき腹を痛め、加減しながらのサーブではあったが、それでも低い数字だ。エースは望み薄でも、球種やコースを組み合わせ、相手の読みを外すことでポイントにつなげるのが彼のサービスゲーム。それがリターンの名手ナダルには通用しなかった。故障が回復すれば、あらためて強化の重点ポイントとすべきだろう。

「芝では短い時間で攻められるのでチャンスがある」。

 クレーコートキングとの対戦で、錦織の立ち位置も明確になった。このサーフェスでは明らかに分が悪いが、手も足も出ない敗戦ではなかった。ナダルが大会序盤のような出来だったら、錦織が思い切って間合いを詰める戦術をとっていたら、序盤にサービスゲームを落とさなかったら、と、いくつもの可能性が想定できる。

 全仏が閉幕すればすぐに芝コートシーズンが始まり、2週後にはウィンブルドンが幕を開ける。芝はクレーに比べてバウンドが速いため、速攻が有効だ。「芝では短い時間で攻められるのでチャンスがある」という錦織は、隙あらばネットへ、という戦術を多用するだろう。再びナダルと当たったとしても、今度は得意の短い間合いで戦える。

 昨年のロンドン五輪8強で、芝への適性も見せた。「今年は自信を持って臨める」という錦織がテニスの聖地でBIG4と互角に渡り合う姿が、ありありと目に浮かぶ。

さあ、ブラジルだ。~2014W杯出場決定&コンフェデ総力特集~

関連記事

BACK 1 2 3
錦織圭
ラファエル・ナダル

テニスの前後の記事

ページトップ