Number on NumberBACK NUMBER

日本初マルチスイマー。
~5冠達成・萩野公介の潜在能力~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byDaiju Kitamura/AFLO SPORT

posted2013/05/22 06:00

日本初マルチスイマー。~5冠達成・萩野公介の潜在能力~<Number Web> photograph by Daiju Kitamura/AFLO SPORT

5月24日開幕のジャパン・オープン(相模原市立総合水泳場)では、200mと400m個人メドレー、100m背泳ぎ、100m自由形の4種目にエントリーしている萩野。複数種目のメダルが期待される今夏の世界選手権へ向け、どのような泳ぎを見せてくれるのか。

 4月に行なわれた日本水泳選手権で、萩野公介が史上最多の5冠を達成した。これがどれくらい価値のあることで、彼がどのような可能性を秘めた選手なのか、じっくりと考えてみたい。

 まず、萩野が優勝した5種目のタイムを、ロンドン五輪に当てはめると何位に相当するのか、見ていくと次のようになる。

400m個人メドレー 銀メダル
200m個人メドレー 銅メダル
400m自由形 4位
100m背泳ぎ 5位
200m自由形 6位

 個人メドレー2種目はいずれも日本記録を更新しての優勝。その他の3種目も自己ベストを更新しての優勝だった。自己ベストを出せなかった200m背泳ぎも入江陵介(ロンドン五輪銀メダル)に続く2位に入り、これもロンドン五輪の結果に当てはめると6位に相当するタイムだった。これらはすべて、4日間で6種目というスケジュールの中で出した記録だけに、萩野はすでに、世界クラスのマルチスイマーになったと言っていいだろう。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1654文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

常識を超えろ。~BASEBALL RISES 2013~

Sports Graphic Number 828

常識を超えろ。
~BASEBALL RISES 2013~

 

萩野公介
マイケル・フェルプス
リオデジャネイロ五輪
オリンピック・パラリンピック

水泳の前後の記事

ページトップ