SCORE CARDBACK NUMBER

渡米2年目の岩隈が見せる、
抜群の安定感と確かな自信。
~マリナーズ先発陣の軸として~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2013/05/09 06:00

渡米2年目の岩隈が見せる、抜群の安定感と確かな自信。~マリナーズ先発陣の軸として~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季の投球回数は125回1/3。野茂、松坂、黒田しか達成していない200イニングに挑む。

 威勢のいいフレーズよりも、静かで落ち着いた口調に、本音が隠されていることは少なくない。

「もうオープン戦はいいかな、って感じ。早く開幕してほしいですね」

 メジャー2年目を迎えたマリナーズの岩隈久志は、オープン戦終盤にさしかかった3月中旬の時点で、今季への自信をサラリとのぞかせていた。順調に調整が進んだだけではない。いつ開幕しても自分の力を発揮できるという確証にも近い感覚があったからこそ、岩隈は待ち切れない心境を言葉に変えた。

 そんな心意気を象徴するようなマウンドが、4月12日のレンジャーズ戦だった。直前の登板で、完全試合目前の快投を演じたダルビッシュとの投げ合いとあって、注目度は高かった。結果は、6回3失点で降板したダルビッシュに対し、岩隈は7回途中まで1失点。緊迫した投手戦を制し、今季2勝目を挙げた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 537文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

シアトル・マリナーズ
岩隈久志

MLBの前後のコラム

ページトップ