SCORE CARDBACK NUMBER

巧みにポイントを重ね、
ハミルトンが首位を走る。
~今宮純のF1前半戦総括~ 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2010/07/29 06:00

巧みにポイントを重ね、ハミルトンが首位を走る。~今宮純のF1前半戦総括~<Number Web> photograph by Getty Images

上位ドライバーのなかで唯一リタイヤのないハミルトン。安定性の高い走りを見せている

 第10戦イギリスGPで自己ベストタイの6位となり2戦連続で入賞を果たした小林可夢偉。彼の力走によりザウバーチームはコンストラクターズポイントでトロロッソを抜き8位に上がった。チームの全得点を彼が獲得し、まさにエースと言っていい貢献度だ。ウイリアムズとフォースインディアも、後半戦は小林をマークしてくるだろう。

 11月まで続く全19戦の長期シリーズ、前半の10戦をあらためて総括すると、チーム勝利数ではレッドブルがM・ウェバー3勝、S・ベッテル2勝で勝率5割。スピードでも予選PP9回と他を圧倒している。しかし、チャンピオンシップをリードしてきたのはL・ハミルトンで、2勝のほかに2位3回、3位1回と、表彰台に上がること6回。J・バトンも同様に2勝、2位2回、3位1回で続き、マクラーレン勢は予選の速さで対抗できなくとも本番のレースで食い下がってみせた。タイヤチョイス、レース戦略など采配面で彼らには機動力があり、何よりもマシンの信頼性が高い。レッドブル勢は無得点レースが多く、首位の座をマクラーレンに奪われてきた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 457文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

創刊30周年記念甲子園 涙の名勝負神を見た夏。

関連記事

ルイス・ハミルトン
マクラーレン

F1の前後の記事

ページトップ