SCORE CARDBACK NUMBER

7位入賞の可夢偉が見せた、
守りと攻めのドライビング。 

text by

今宮純

今宮純Jun Imamiya

PROFILE

photograph byHiroshi Kaneko

posted2010/07/07 06:00

7位入賞の可夢偉が見せた、守りと攻めのドライビング。<Number Web> photograph by Hiroshi Kaneko

第7戦トルコGPに続き今シーズン2度目の入賞。現在、合計7ポイントを獲得している

 9戦ヨーロッパGPで7位入賞を果たした小林可夢偉のレースは、徹底した守りと思い切った攻撃の両面が際立っていた。現在のザウバーマシンで予選18位からここまで這い上がるのは非常に困難なことであり、彼のレースセンスと勝負運の強さを世界にアピールしたと言える。スペインのバレンシアではW杯報道とともに、母国の英雄アロンソを抜いた日本人カムイが注目を集めた。

 前戦カナダGP、ゼロ周クラッシュでのリタイアを彼は猛省した。レース人生でこれほど落ち込んだことがないほどだったという。「やってはいけないことをやってしまった」と、バレンシア入りした小林の表情は硬かった。それまで10位が最高位で、マシントラブルによるリタイアが3戦。信頼性が著しく劣るザウバーで苦しい前半戦が続いていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 572文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

南アフリカW杯激闘録日本代表、ベスト16の真実。

Sports Graphic Number 2010/7/14臨時増刊

南アフリカW杯激闘録
日本代表、ベスト16の真実。

 

関連記事

小林可夢偉
BMWザウバー

F1の前後の記事

ページトップ