野球善哉BACK NUMBER

38年ぶりセンバツ優勝も見えてきた!?
高知が誇る“二人で一つ”の継投術。  

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2013/04/01 20:15

38年ぶりセンバツ優勝も見えてきた!?高知が誇る“二人で一つ”の継投術。 <Number Web> photograph by Kyodo News

仙台育英を下し、38年ぶりの準決勝進出を決めて喜ぶ坂本優太(中央)ら高知ナイン。

「芯に当たっているはず」でも野手の頭を越えない理由。

 下級生が勢いよく投げ抜いた後、上級生が後を締める。

 酒井の調子が良い時もあるが、坂本が絶好調の時もある。2、3回戦では酒井が5イニングを投げ、坂本が4イニングという継投だったが、仙台育英との準々決勝では酒井が6イニングで坂本が3イニングだった。

「本当は僕の中で酒井は5回と決めていたのですが、今日の酒井の調子があまりにも良かったので、もう1イニングいってもらいました」と島田監督は振り返った。

 仙台育英戦、7回裏の頭から登板した坂本の調子はあまりよくなかった。失点こそ無かったものの打者12人から3本のヒットを浴びている。捕手の前田隆靖は言う。

「確かに坂本はいつもほどではありませんでした。だから、今日は坂本は変化球を見せ球にして、ストレートで勝負しました。坂本が腕を振ってくれたので、相手打者のタイミングを少しずらしていたのだと思います」

「芯に当たっているはず」と敵将がいった打球の数々が、わずかな差で野手の頭を越えなかったのは、坂本と相対する打者の頭の中に、前を投げた酒井の投球やリズムが残像として残っていたためだろう。

「2回戦の関西戦で、継投じゃないとあの強力打線は抑えられないと思って決断しました。それが今も上手くいっている」と島田監督は胸を張る。

 昨秋中国大会覇者の関西、強打の常葉菊川、仙台育英打線を封じてのこの3勝は、二枚看板の評価、そのものに置き換えてもいいだろう。

 高知の二枚看板がセンバツを席巻している。

関連記事

BACK 1 2 3
酒井祐弥
坂本優太
上林誠知
佐々木順一朗
島田達二
森下知幸
前田隆靖
高知高校
仙台育英高校
常葉大菊川高校

高校野球の前後の記事

ページトップ