スポーツはカタチから入る方なんですBACK NUMBER

メジャーリーガーも納得! 日本人が精魂込めて作るベースボール・グラブ。 

text by

奥山泰広&高成浩

奥山泰広&高成浩Yasuhiro Okuyama & Seikoh Coe(POW-DER)

PROFILE

photograph byNanae Suzuki

posted2013/03/31 08:00

メジャーリーガーも納得! 日本人が精魂込めて作るベースボール・グラブ。<Number Web> photograph by Nanae Suzuki

内野手のグラブは大きければ大きいほど良い!?

奥山   ところで、このグラブは何用なんですか? 僕は「明訓高校の殿馬」みたいに、セカンドを守りたいんですよ。セカンドってゴロを素早く捌かなきゃいけないから、小さくて浅いグラブの方がいいんでしょ?

   明訓の殿馬ね……昭和の野球マンガの名作『ドカベン』だな。マンガも古いけど、奥山のグラブに対する知識も古いな。確かに俺が野球少年だった頃は「サードは大きくて頑丈なグラブ」「ショート&セカンドは小さくて浅くて軽いグラブ」という定説があって、俺のチームの名ショートはぺたんぺたんのちっちゃくて平たいグラブを愛用していたっけ。でもね、よくよく考えてみると、捕球のしやすさから言えば、グラブは大きいに越したことはないじゃん。

奥山   確かに! 3cm大きければ、3cm先のゴロをキャッチできるかもしれないですからね。

   そうなんだよ。キャッチしてからのこと……すなわち素早く送球できるかどうかってことは、プレーヤーの技量であって、決してグラブの大きさやカタチが要因じゃないんだ。だから、ウイルソンのカタログには「内野手用」と謳っているけど、断じて「ショート用」とか「セカンド用」とか「サード用」とかとは区分けされていないんだよ。

奥山   う~む、プレーヤーによって体格も手の大きさも違いますし、プレースタイルもさまざまですからね。でも~、ピッチャーと内野手では、いくらなんでも違うと思うんですが。また、ファーストとキャッチャーは別格ですよね!?

牛の原産地&成長具合までこだわるウイルソンの革選び。

   ファーストミットとキャッチャーミットは、投球&送球をしっかりと捕球するために特化しているから、素材も形状も構造もまるっきり違う。どうせ奥山はこの2つのポジションはやらない筈だから、この際議論するのはよそう。さて、ピッチャー用と内野手用のグラブだけど、ウイルソンはサイズやカタチはもちろんだけど、むしろ素材から違っているんだよ。

奥山   え~!?  同じ牛革でしょ!?

   ピッチャー用は投球の負担にならないよう、なるべく軽い革を使用しているんだ。さらに、グラブをしている手をグッと握れるように……調査の結果、ほとんどのピッチャーはリリースの瞬間に反対の手に力が入っているんだって……硬めの革を採用。そこで選んだのが、ヨーロッパ産の仔牛の革なんだ。

奥山   へえ~、んじゃあ、内野手用は?

   もちろん軽いことは重要なんだけど、自分の手のように自由に動く柔軟性と同時に、ハードな使用状況にも耐えるタフネスさも兼ね備えた革を使用しているんだ。丈夫なアメリカ産の成牛の革を使い、しかも選手の好みに合わせて仕上げを柔らかめと硬めの2種類を用意しているんだぜ。おっと、さらに付け加えるならば、ピッチャー用と内野手用では、芯材の素材や入れ方も変えているんだからな。

奥山   わっかりました~。このウイルソン スタッフに決めま~す!

   そうそう、ウイルソンの内・外野手用グラブには、すぐ手に馴染む柔らかい仕上げの「クイックアクションバージョン(プロストックステアレザー)」と、使いながら型を作り上げて行く「グローアップバージョン(センシティブステアレザー)」の2タイプあるからな。奥山は前者を選ぶとしても、来月の草野球の試合までに硬式用のウイルソン スタッフを馴染ませるのは、間に合わないかもしれない。軟式用グラブを買った方がいいかも!?

奥山   さっき、草野球でも硬式用グラブを使うのがカッコいいって言ったじゃないですか!

   ウイルソン スタッフには、硬式用と同じノウハウを継承して作った軟式用があるんだけどね。まぁ、いずれにしても買うときは必ずプロショップに行って、自分の手にハメて選ぶように! なにしろグラブは“生もの”だからな。

奥山   えっ? まさか、腐ってるグラブもあるんですか?

   違うよ。革は1枚1枚厚さも硬さも違ううえに1つ1つ手作りだから、グラブによって感触が微妙に違うんだ。同じモデルでも、手にハメたときに「コイツはいいぞ」というグラブを買うのがコツだ。

奥山   お~っと、インターネット通販で買うトコロでした。

   そして、購入後は、ちゃんとキャッチボールをして正しいポケットを作り、自分にあったグラブのカタチに仕上げるんだ。よ~し、明日から俺が付き合ってやるから、毎朝1時間キャッチボールするぞ! 夕方は1000本ノックだ!

奥山   出た~っ、昭和のスポ根オヤジ!

WILSON Wilson staff〈For the Infielders〉

「強さ」と「軽さ」という相反するニーズを両立させたグラブ。表革にシリアスキップレザー+スーパースキン、裏革にソフトフィットレザー+共革(ダブルライニング)を使用。おもに内野手向けだが、外野手にも使えるオールラウンドタイプだ。また、同様の素材&性能を備えた軟式用グラブもある。

WTAHWMWL5L(硬式用/右投げ)
4万5150円。
WTARWMWM5L(軟式用/右投げ)
2万1000円。

(問) アメアスポーツジャパン
 Wilsonチームスポーツ事業部
(電話) 03-6831-2711
(公式サイト) http://wilson-baseball.jp

 

関連記事

BACK 1 2 3

MLBの前後の記事

ページトップ