Number Do SpecialBACK NUMBER

<箱根の元エースが語るアプローチ> 佐藤悠基と考える、箱根駅伝とマラソンを隔てるもの 

text by

NumberDo編集部

NumberDo編集部Number Do

PROFILE

photograph byTamon Matsuzono

posted2013/03/28 06:01

<箱根の元エースが語るアプローチ> 佐藤悠基と考える、箱根駅伝とマラソンを隔てるもの<Number Web> photograph by Tamon Matsuzono
箱根駅伝で活躍した選手は、その後マラソンで活躍できない――。
そんな流れを打破しそうな動きが、若きランナーの間で生まれている。
その中心を担うであろう26歳が語る、新しいマラソンへのアプローチとは。

好評発売中の雑誌Number Do『フルマラソン 100人のマイ・ルール~42.195kmを賢く走ろう~』より、特別公開します!

「いい初マラソンだったと思います」

 2時間16分31秒。佐藤悠基の東京マラソンの記録だ。東海大時代には箱根駅伝で3度の区間新記録を樹立した学生長距離界のスター。ロンドン五輪にも出場し、日本マラソン界の将来を担う存在とまで言われる男の記録としては物足りないが、本人は自分なりの手応えを得ているようだ。

「マラソンランナーとしてゼロの状態で臨んだんです。今回は怪我の影響で十分な練習ができていなかったんですけど、それでも挑戦したかった。まずは42.195kmを経験してみないと、自分の中でマラソンっていうもののイメージが湧いてこなかったので」

 佐藤は30kmまでは先頭集団の中でリズムよく走っていたが、アフリカ勢のスパートに対応することができず、さらに35kmからはガクっとスピードが落ちてしまう。最後はジョギングのような走りでゴールした。

「35kmを過ぎてからが、もう自分ではどうしようもなくて。トラックで体が動かないっていう感覚と、マラソンのそれは違ったんです。トラックだと、まず頭で『きついな』って感じてから体が動かなくなっていくんですけど、マラソンは頭はまだまだ余裕はあって『いける』って考えてるのに、脚がもう動いてこない。そのうち脳にも糖がいかなくなったのか、考える力もなくなっていきました」

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2177文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

佐藤悠基
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後のコラム

ページトップ