南ア・ワールドカップ通信BACK NUMBER

劣勢オランダを覚醒させたスナイデル。
ブラジル破り、見えた悲願の初優勝。 

text by

矢内由美子

矢内由美子Yumiko Yanai

PROFILE

photograph byFIFA via Getty Images

posted2010/07/03 12:00

劣勢オランダを覚醒させたスナイデル。ブラジル破り、見えた悲願の初優勝。<Number Web> photograph by FIFA via Getty Images

 前半はガタガタ、ところが一転、後半はフルスロットルで2得点。オランダ対ブラジルという大会屈指の好カードは、本家を上回るマリーシアぶりも見せたオレンジ軍団が、優勝候補筆頭のカナリア軍団を相手に逆転勝利を収め、1998年以来となるベスト4進出を決めた。

「ブラジル戦は優勝を目指すわれわれにとって凄い挑戦になる。だが、われわれは目標に向かって集中している」

 ファンマルバイク監督以下、セレソンとの戦いに全霊を傾けて臨む意気込みだった。だが、立ち上がりは、完全に劣勢を強いられた。

DF陣は世界ランク4位とは思えないほどの乱れ様だった。

 ウォーミングアップでセンターバックのマタイセンがひざを痛め、急きょ、オーイェルが先発したという背景があるにしても、ギャップだらけのDFラインは、世界ランク4位とは思えないほどの乱れ様だった。

 6月19日のグループリーグ第2戦で日本と対戦した際のソリッドな守備とはかけ離れた姿に、やはりブラジルが一枚上とのムードが漂った。

 とりわけ、前半10分にフェリペメロの縦パスからロビーニョが豪快なダイレクトシュートを決めて先制した後がいただけなかった。

 ロビーニョに付いていたロッベンに向かって、ベンチはすぐさま「お前がしっかりマークしていないからだ」というニュアンスで叱咤したようで、ロッベンは自分を指さして「え、オレのせい? なんだよっ!」的なリアクションを取ったのだ。

 しかもロッベンは、その後のCKの場面で意味不明のチョン蹴りをして、チャンスをふいにした。

悪いときのオランダは「1-1-1……」のシステムになる。

 守備の崩れに続き、攻撃までチグハグでは、イヤな雰囲気になるのも無理はない。ブラジルの攻勢はなおも続き、いつ2点目、3点目を失ってもおかしくないほどだった。

 長友佑都のコメントを思い出すと、日本戦でのオランダと、ブラジル戦前半のオランダとの違いが浮き彫りになる。

「オランダはスピードもあるし技術も高い。ゴール前でちょっとでもフリーでシュートを打たせると、ファンペルシもスナイデルもシュート精度が高いので、半歩の差でやられてしまう。カイトは嫌なところを突いてくるし、走ってくる。ロッベンは、スピードはもちろん、右サイドに出た時に中に入ってからの左のシュートが一番怖い」

 ところがこの日前半のオランダは、気温24度という暑さの影響もあったのかもしれないが、3トップと最終ラインの距離が開き、攻撃もまったく機能していなかった。ブラジルを前にし、日本戦とは別のチームになっていたのだ。

「サッカーには4-4-2や4-3-3のシステムがあるだろ? でも、悪いときのオランダは、1-1-1……になるんだ」というオレンジサポーターの嘆き節を思い出すに十分な展開だった。

【次ページ】 オランダはメンタル面で勝り、相手の自滅を誘った。

1 2 NEXT

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

ウェズレイ・スナイデル
南アフリカW杯
ワールドカップ

海外サッカーの前後のコラム

ページトップ