NumberEYESBACK NUMBER

初の外国人監督誕生で
男子バレーは変革なるか。
~低迷脱却へ、サトウ氏を起用~ 

text by

米虫紀子

米虫紀子Noriko Yonemushi

PROFILE

photograph byKYODO

posted2013/03/16 08:00

初の外国人監督誕生で男子バレーは変革なるか。~低迷脱却へ、サトウ氏を起用~<Number Web> photograph by KYODO

記者会見でポーズをとるサトウ氏。早速日本語の勉強を始めたという。

 ようやく、重たい扉が開いた。

 日本バレーボール協会は2月18日、選考が遅れていた男子バレーの代表監督に、アメリカ国籍のゲーリー・サトウ氏を選任した。日本バレー界初の外国人代表監督の誕生だ。

 男子バレーは、1972年のミュンヘン五輪で金メダルを獲得した。しかしその後、体格に勝る欧米諸国の台頭により上位を明け渡し、五輪に出場することさえ難しくなった。'08年の北京五輪で4大会ぶりの出場を果たしたが、昨年のロンドン五輪は再び出場権を逃した。世界との差は年々開き、現在世界ランキングは19位。アジアの中でもオーストラリア、イラン、中国に次ぐ4番手にある。そんな中、強い日本バレーの構築が、サトウ氏に託された。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 1082文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

追憶の90's

Sports Graphic Number 824・825

追憶の90's

 

ゲーリー・サトウ
福澤達哉
越川優
山村宏太

バレーボールの前後の記事

ページトップ