Number on NumberBACK NUMBER

背中が見えなくなる前に。
~伸び悩む日本の女子マラソン~ 

text by

小川勝

小川勝Masaru Ogawa

PROFILE

photograph byKyodo News

posted2012/12/29 08:00

背中が見えなくなる前に。~伸び悩む日本の女子マラソン~<Number Web> photograph by Kyodo News

横浜国際女子マラソン。15kmの給水所付近で先頭集団から飛び出したリディア・チェロメイ(写真右)は、そのまま独走でゴール。那須川瑞穂は、2位でゴールしたが、世界選手権代表の自動内定ラインには届かなかった。

 来年の世界陸上選手権モスクワ大会に向けた女子マラソンの代表選考レース、横浜国際女子マラソンが11月18日、行なわれた。優勝したのはケニアのリディア・チェロメイでタイムは大会新記録の2時間23分07秒。日本陸連は「2時間23分59秒以内で日本人1位」なら世界選手権代表に自動内定と決めていたが、日本人トップとなった2位・那須川瑞穂のタイムは2時間26分42秒で、条件を満たす内定者は出なかった。ロンドン五輪後、最初の選考レースだっただけに日本陸連の関係者も期待していたが、残念ながら満足すべき結果にはならなかった。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 2033文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

心が震える99の言葉。~Words of Athlete 2012~
リディア・チェロメイ
那須川瑞穂
高橋尚子
山口衛里
市橋有里
野口みずき
土佐礼子
坂本直子
小崎まり
原裕美子
大島めぐみ
オリンピック・パラリンピック

陸上の前後の記事

ページトップ