SCORE CARDBACK NUMBER

聖地ウィンブルドンで
74年ぶりの快挙なるか。
~A・マリーにかかる英国の期待~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2010/06/21 06:00

聖地ウィンブルドンで74年ぶりの快挙なるか。~A・マリーにかかる英国の期待~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

昨年のウィンブルドンでは、ベスト4のアンディ・マリー。23歳の青年への期待は大きい。

 6月21日に開幕するウィンブルドン。最大の焦点は、'08年覇者で世界ランク1位のラファエル・ナダルと昨年のチャンピオン、ロジャー・フェデラーの優勝争いだが、地元イギリスのアンディ・マリーの戦いぶりにも注目したい。

 1936年のフレッド・ペリーを最後に、英国の男子選手はウィンブルドンのタイトルから見放されている。それだけに、地元ファンがマリーに期待するのは優勝の二文字だ。大会が開幕すると現地の新聞は連日、マリーの試合結果や次戦への展望に大きな紙面を割く。ゴシップ記事で知られるタブロイド紙も含め、自国の英雄についての報道は「狂想曲」という言葉がピッタリのにぎやかさとなる。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 625文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

日本代表、歓喜の咆哮。What a Miracle!

Sports Graphic Number 2010/6/25臨時増刊

日本代表、歓喜の咆哮。
What a Miracle!

 

関連記事

アンディ・マリー

テニスの前後の記事

ページトップ