野球クロスロードBACK NUMBER

原巨人が“全員野球”で日本一!!
阿部が見せたジャイアンツ魂の神髄。 

text by

田口元義

田口元義Genki Taguchi

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/11/04 12:00

原巨人が“全員野球”で日本一!!阿部が見せたジャイアンツ魂の神髄。<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

優勝を決めた後、「どんな場面でも、どういうチーム状況でも、自分を疑わず、チームを最優先にして堂々と戦ってくれた姿は、未来永劫歴史に残る選手たちだと思います」と選手たちに最大級の賛辞を送った原監督。

阿部個人の能力以上に、そのキャプテンシーが重要。

 スタメンは6戦中5通り。実松、加藤にエドガーと、ポストシーズンに出場していない選手を積極的に起用するなど、巨人は登録メンバー40人を最大限に生かし、その多くが結果を残したことも大きかった。

 原監督は常々、「巨人は阿部のチーム」と言っている。

 それは紛れもない事実だろう。今季、打率、打点の二冠となった打撃に巧みなリード。阿部個人としての力はチームにとっても必要不可欠だ。だがそれと同じくらい、阿部のキャプテンシーが他の選手たちに力を与えていたのを忘れてはいけない。

「常に下を向かない」姿勢を貫くキャプテンを頂点とした「全員野球」。

 それを、ベンチ入りメンバーを含めた選手全員が理解し、試合で体現できるからこそ、巨人は日本シリーズという大一番でも底力を発揮できたのだ。

 選手個人の力ではなく、チーム力で勝つ野球。これこそが、巨人の真の強さ。この戦いで、それがはっきりと分かった。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
原辰徳
阿部慎之助
実松一成
加藤健
北海道日本ハムファイターズ

プロ野球の前後の記事

ページトップ