プロ野球亭日乗BACK NUMBER

いまだ決まらぬWBC日本代表監督。
混乱を招いたコミッショナーの責任は? 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNaoya Sanuki

posted2012/10/01 10:30

いまだ決まらぬWBC日本代表監督。混乱を招いたコミッショナーの責任は?<Number Web> photograph by Naoya Sanuki

2009年3月に開かれたWBC優勝の日本代表記者会見。写真中央、グレーのスーツが加藤コミッショナー。この時から3年半の月日は、WBC監督を決める期間としては十分ではなかったのか?

本人もやる気十分の野村元監督はうってつけだが……。

「今は私にはコミッショナーとしての重責がありますから」

 いくらふざけた質問でも、NPBコミッショナーとして、これが答えではないだろうか。

「日中関係が困難なときだけに、私の経験が生きるなら……」

 外務省の慣例的には“なし”かもしれないが、一般社会ではこの答えもありだと思う。

 しかし、まず序列が、権威が、と考えるのだとしたら、まさかまたまた「孫オーナーや王さんが上から命じれば」と考えているのではと勘ぐってしまうわけだ。

「野球をやったことのない人が決めているから」

 渦中の秋山監督がぼそっとつぶやいた言葉だ。

 王顧問も当初から現役監督が就任する難しさを指摘し、原監督もはっきりとそのことは言っている。「野球をやったことがある」どころか、野球人として最高の経験値を持つ2人の意見も無視して、現役監督路線にひた走る理由が、そもそも分からない。

 秋山監督の拒否で、現役にこだわれば、次なる候補には再び巨人・原監督の名前も上がり、またヤクルト・小川淳二監督、西武・渡辺久信監督、また韓国プロ野球、斗山コーチで前回大会でも日本代表のコーチを務めた伊東勤元西武監督らの名前も浮上してきているという。

 ただ、現役にこだわらなければ、何なら(と言ったらご本人には大変失礼だが)野村克也元楽天監督でいいではないか。本人はやる気十分。短期決戦の戦い方、理論も実証済みで、まだ現場を退いて3年しか経っていない。年齢的な問題を指摘する声はあるが、手足となるコーチ陣をつけて、サポート体制をがっちりすれば、日本の顔、ベンチの重鎮としてはうってつけの候補ではないか。

「日本代表監督」という看板を汚した責任は誰が取る?

 それとも百歩譲って、球界の最高責任者として「勝つためにはどうしても現役監督でなければならない」という信念があるのだとしたら、少なくとももっと早くルールを決め、それを周知徹底すべきであった。

 時間は4年間あったのだ。

 それをしないでこれだけの混乱を招き、日本代表監督を宙ぶらりんの状態にさらした。しかも最後はトップダウンでは、それなりの説明と責任の取り方を見せて頂かない限り、納得できない人は多いと思う。

 はっきりしているのは、この監督問題の責任は、球界のリーダーとしての加藤コミッショナーにあるということ。そしてこの混乱は日本の野球界にとってマイナスこそあれ、プラスは微塵もないということだ。

 その重さをコミッショナーはしかと受け止め、自分なりにきちっとした“落とし前”をつけるべきである。

関連記事

BACK 1 2 3
原辰徳
読売ジャイアンツ
福岡ソフトバンクホークス
秋山幸二
渡辺恒雄
野村克也
加藤良三

プロ野球の前後の記事

ページトップ