プロ野球亭日乗BACK NUMBER

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。
原監督が村田に厳しい本当の理由。 

text by

鷲田康

鷲田康Yasushi Washida

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/09/17 08:01

2年越しの“恋人”に非情采配のムチ。原監督が村田に厳しい本当の理由。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

丸刈りにしてバッティング練習を行う村田の先には原監督の視線が……。今季の成績は、打率.260、11本塁打、52打点(9月13日現在)。得点圏打率は.239と、期待の高さからするとやや物足りなさが残る。

「目に見えない部分でも村田の貢献は大きいんだ」

「巨人の主軸としては、あそこで結果を出さなければいけない」

 チャンスで凡退する村田に、原監督が度々投げかけてきた言葉である。結果を出すこと以外に、村田がファンやチームに、そして獲得に難色を示した人々に認められる方法はない。それが村田の置かれた現実で、だからそのハードルを越えることを繰り返し求め、そして越えられないときには、あえて厳しい処遇をする。そしてそういう経緯を知るからこそ、村田もこの厳しい処遇を受け入れて丸刈りにし、様々な感情を押しつぶしてグラウンドに立ち続けるのだろう。

 断っておくが、これが「村田問題」の理由だというのは、あくまで筆者の推測である。

 ただ、なぜこんなことを想像するかというと、別の取材で原監督からこんな言葉を聞いたからだったのだ。

「今年はこと打線に関しては4本の軸をしっかり立てられたことが勝因だと思う。(阿部)慎之助に(坂本)勇人、長野、村田と、この4人がほぼフルに自分のポジションを守って柱となった。特にラミレスがチームを去って、代わりに村田が入ったことで三塁とレフトの守備は飛躍的に良くなっている。そういう数字に表れない、目に見えない部分でも村田の貢献は大きいんだ」

 村田の存在を一番評価しているのも、実は原監督なのである。

関連記事

BACK 1 2 3
読売ジャイアンツ
原辰徳
村田修一
杉内俊哉

プロ野球の前後の記事

ページトップ