フェアウェイの舞台裏BACK NUMBER

日本でプロ転向より海外に飛び出せ!
“世界を知った”松山英樹が歩む道。 

text by

雨宮圭吾

雨宮圭吾Keigo Amemiya

PROFILE

photograph byAFLO

posted2012/09/12 10:30

日本でプロ転向より海外に飛び出せ!“世界を知った”松山英樹が歩む道。<Number Web> photograph by AFLO

今年6月には全英オープンの出場権を賭けミズノオープンに参戦するも、トータル4アンダー、43位タイに終わった。

日本で“孤高”の道を歩くよりも、海外に飛び出せ!

 マスターズに2年連続で出場していずれも予選を突破した。日本ツアーではすでに昨年初優勝を果たしており、7月のサン・クロレラ・クラシックでも2位。同月下旬には日本人男子として初の世界アマチュアランキング1位にも輝いた。

 こんなアマチュアは日本にはいなかった。同い年の石川遼ですら歩んだことのない道を松山は進んでいる。愚痴ってばかりだった日本学生選手権も6打差の圧勝。切磋琢磨できるライバルはなく、上達への支えは自分の志しかない。

 のほほんとした松山のイメージとはかなりギャップがあるのだが、置かれた立場としては“孤高”という言葉がぴったりくる。

 もう大学3年生。松山も遠からずプロになる。しかし、すでにツアーでの実績も十分な松山にとって、プロ転向がどこまで変化をもたらすのかという疑問は残る。今までと同じ結果をプロとして焼き直しするだけなら、それはあまり意味のないことだ。

 ならば、いっそのこと米ツアーや欧州ツアーの予選会を受け、海外でプロデビューしてもいいのではないだろうか。

 誰もしたことのないことをやってのけるのがモチベーションになるタイプ。孤独に戦い続けてきた松山だからこそ選べる道もある。そして、それは丸山の助言にもぴったりあてはまる道となるはずなのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
松山英樹
阿部靖彦
丸山茂樹
石川遼

男子ゴルフの前後の記事

ページトップ