フットボール“新語録”BACK NUMBER

ブンデスで働く日本人、瀬田元吾。
広告獲得の次に抱く“選手発掘”の夢。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byHitachi Europe

posted2012/08/28 10:31

ブンデスで働く日本人、瀬田元吾。広告獲得の次に抱く“選手発掘”の夢。<Number Web> photograph by Hitachi Europe

フォルトナ・デュッセルドルフと日立とのスポンサー契約の発表会見。真ん中に座っているのが瀬田元吾氏。先日、『ドイツサッカーを観に行こう! ブンデスリーガ×ドイツ語』(三修社)を上梓した。

Jリーグからの日本人選手発掘にかける意気込み。

 フォルトナはブンデスリーガ1部に15年ぶりに昇格したばかりのクラブで、補強に大金を投じる余裕はまだない。そういう限られた中で、確実にチームを助けられる日本人選手を探すことを、フォルトナは望んでいる。ドイツ中のクラブがJリーグに目を向けている今、極めて難しいタスクだ。

 だが、日本スポンサー獲得を実現したのだから、選手の発掘も決して不可能ではないはずだ。

 瀬田は言う。

「冬に向けて本気で動きますよ。僕も絶対に失敗できない。間違いないと確信できる選手を探したいと思っています」

 近い将来、この日本人フロントのパイオニアは、さらなる驚きをもたらすかもしれない。

関連記事

BACK 1 2 3
瀬田元吾
フォルトナ・デュッセルドルフ

海外サッカーの前後の記事

ページトップ