野ボール横丁BACK NUMBER

もっとプロ野球界にガッツポーズを!!
「相手に失礼」は時代遅れの言い訳。 

text by

中村計

中村計Kei Nakamura

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/06/02 12:15

もっとプロ野球界にガッツポーズを!!「相手に失礼」は時代遅れの言い訳。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

たかがガッツポーズで、硬球をぶつける報復って……。

 確かに、神戸ははしゃぎ過ぎた。ただ試合後、「結果を出さないとそろそろ2軍に落ちると思っていた」と語っているように、その気持ちもわからないでもない。

 スポーツ界全体、もっといえば世の中の規範にそって考えたら、たかがガッツポーズをされたぐらいで、あんなに硬く、あんなに速いボールを生身の肉体にぶつける方がよっぽど常識外だ。

 結局、「ガッツポーズは相手に失礼」という言い方は、報復を正当化するためにこしらえた「言い訳」に過ぎない。また、そのような言い方をするからこそ、された側も、看過したらなめられると、怒りを表明せざるをえなくなる。

プロ野球はもっと寛大で明るく楽しいスポーツなはず。

 西武の雄星も高校時代、さんざん言われたものだ。あのガッツポーズは失礼だ、と。でも、雄星のガッツポーズも典型的な「つい出ちゃう」ガッツポーズだった。

 それに対し、ある番組では、年配の元プロ野球選手が「ガッツポーズは拳が肩のラインを超えたら失礼」という暴論を展開していたが、そんな計算を働かせる方がよっぽど嫌みだ。

 確かに高校野球などでは、まだ4点も5点も離れているのに、たかだか1点を返しただけでガッツポーズをしている場合など、かっこ悪いなと思うことはある。だが、それもその選手が恥をかくだけなのだからいいではないか。

 野球界も、ガッツポーズに対し、もうちょっと寛大でいいのではないだろうか。ましてや、報復するなど、あまりにも野蛮な気がするが、いかがなものだろうか。

関連記事

BACK 1 2
神戸拓光
涌井秀章

プロ野球の前後の記事

ページトップ