ロンドン五輪代表、最大の挑戦BACK NUMBER

サブ組を大胆起用した関塚ジャパン。
宇佐美不発も、得られた3つの収穫。 

text by

佐藤俊

佐藤俊Shun Sato

PROFILE

photograph byNaoki Ogura/JMPA

posted2012/08/02 12:00

サブ組を大胆起用した関塚ジャパン。宇佐美不発も、得られた3つの収穫。<Number Web> photograph by Naoki Ogura/JMPA

吉田が「どう生かすかがカギになる」と語った宇佐美だが、その才能を存分にアピールすることはできなかった。

決勝トーナメントでは、攻撃陣のさらなる奮起が必要。

 逆に、攻撃陣はこれからさらなる奮起が求められる。3試合2得点で決勝トーナメント進出を決めたが、得点が少な過ぎる。これから先は、攻撃に破壊力のあるチームが出てくる。失点する可能性もゼロではなく、そうした場合、1点以上取れないとなると日本は、勝ち抜けない。チャンスは作ることができている。あとは決めるだけだが、そこはこれから厳しく追求していかないといけない。

 結局、得点を奪うことはできなかったが、落ち着いた試合運びでドローで乗り切り、日本は勝ち点7で首位通過を果たした。その結果こそが、この試合の大きな収穫だったとも言える。

 ホンジュラス戦では、3つの収穫を得られた。なかでも、短期決戦を制するのには欠かせない守備は今、非常に安定している。もしかすると、グループステージは、決勝トーナメントに向けて、この「守備」を育てるためにあったのかもしれない。そう、思えるほど、チームと選手の自信の根源になっているのだ。

関連記事

BACK 1 2 3
宇佐美貴史
関塚隆
山村和也
杉本健勇
村松大輔
齋藤学
清武弘嗣
永井謙佑
吉田麻也
鈴木大輔
権田修一
山口螢
ロンドン五輪
オリンピック・パラリンピック

サッカー日本代表の前後の記事

ページトップ