SCORE CARDBACK NUMBER

頭脳と技巧で主役を食う、
ラドワンスカに注目せよ。
~女王を欠くテニス界の名脇役~ 

text by

秋山英宏

秋山英宏Hidehiro Akiyama

PROFILE

photograph byHiromasa Mano

posted2012/07/27 06:00

頭脳と技巧で主役を食う、ラドワンスカに注目せよ。~女王を欠くテニス界の名脇役~<Number Web> photograph by Hiromasa Mano

これまで8強が最高だった四大大会で準優勝。全米ではポーランド勢初の優勝を果たせるか。

 ランキング1位がたびたび入れ替わり、四大大会の優勝者も毎度、顔ぶれが変わる。層が厚いと言えば言えるが、どんぐりの背比べと見た方が現実に近い。カリスマ的な女王を欠く女子テニスは今、人気にも陰りが見られる。

 ウィンブルドンでは、世界ランク1位のマリア・シャラポワが4回戦で敗退したため、2位のビクトリア・アザレンカと3位のアグニエシュカ・ラドワンスカに1位昇格のチャンスが巡ってきた。だが、2人の前に立ちふさがったのが元女王のセリーナ・ウィリアムズだった。アザレンカは準決勝で敗れ、ラドワンスカも決勝でセリーナに屈した。準決勝でのセリーナのサービスエースは大会新記録の24本。大会通算では102本に達し、女子の最多記録を大幅に更新した。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 595文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

マリア・シャラポワ
ビクトリア・アザレンカ
アグニエシュカ・ラドワンスカ
セリーナ・ウィリアムズ

テニスの前後のコラム

ページトップ