SCORE CARDBACK NUMBER

Rソックス再建の道険し。
バレンタインの憂鬱。
~ボビーマジック、通用せず!?~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/07/23 06:00

Rソックス再建の道険し。バレンタインの憂鬱。~ボビーマジック、通用せず!?~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

メジャーの監督を務めるのは10年ぶり。2000年にはメッツをWシリーズに導いている。

 突然の大きな物音に、報道陣は一瞬、何が起こったのか理解できなかった。7月3日のアスレチックス戦後、レッドソックスのボビー・バレンタイン監督が、執拗な質問に嫌気が差したのか、机に拳をたたきつけて会見を打ち切ったのだ。試合前にはユニホームのズボンのチャックが開いたまま囲み取材が進むなど、普段のダンディな姿からは想像できないほど、蓄積した疲労感は色濃かった。しかも、試合は逆転サヨナラ負け。百戦錬磨の策士が、ここまで露骨にいら立ちを見せたことは過去になかった。

 昨年12月の就任会見では、笑顔を振りまき、歯切れのいい口調で抱負を語った。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ボビー・バレンタイン
ボストン・レッドソックス

MLBの前後のコラム

ページトップ