SCORE CARDBACK NUMBER

“告げ口”は是か非か。
議論を呼ぶペラルタ事件。
~MLBの不文律をめぐって~ 

text by

四竈衛

四竈衛Mamoru Shikama

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/07/13 06:00

“告げ口”は是か非か。議論を呼ぶペラルタ事件。~MLBの不文律をめぐって~<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi

昨季は71試合に登板し、プレーオフ進出に貢献。チームにとっても痛い“事件”となった。

 突然の降板だった。6月19日、ナショナルズ対レイズ戦の8回裏、レイズの救援投手ジョエル・ペラルタが投球練習を開始すると、審判団がマウンドに集まり、グラブを検査し始めた。その結果、使用禁止物質の松ヤニが付いていたとして、ペラルタは1球も投げることなく、退場処分を科せられた。

 松ヤニだけでなく、紙ヤスリでボールに傷を付ける行為のほか、打者のコルクバット使用など、米球界の不正は今に始まったわけではない。ただ今回は、レイズのマドン監督が反論したことを機に、論議が過熱した。というのも、ペラルタの松ヤニ疑惑が、プレー中に判明したわけでなく、事前にリークされたことが明確だったからだ。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

ジョエル・ペラルタ
タンパベイ・レイズ
ジョン・マドン

MLBの前後のコラム

ページトップ