Number Do SpecialBACK NUMBER

<Qちゃんがサバイバル登山家と山頂へ> 高橋尚子×服部文祥 「山の楽しみ方、教えてください」 

text by

柳橋閑

柳橋閑Kan Yanagibashi

PROFILE

photograph byTakuya Sugiyama

posted2012/06/14 06:00

<Qちゃんがサバイバル登山家と山頂へ> 高橋尚子×服部文祥 「山の楽しみ方、教えてください」<Number Web> photograph by Takuya Sugiyama
「大人の山登り」は、まず“心構え”を知ることから始まる。
今回の生徒役は「山と言えば
地トレーニング」のQちゃん。
先生役は話題のサバイバル登山家・服部さん。
2人が向かったのは、三重と滋賀の県境、
鈴鹿山脈の名山として知られる御在所岳だった――。

Number Webでは、6月14日(木)発売の雑誌Number Do『大人の山登り。~ゼロから楽しむ入門編~』より、山登りをめぐる対話を特別公開します。

高橋 今日はサバイバル登山家の服部さんといっしょに山に登れるということで楽しみにしてきました。

服部 俺は最近、陸上の中距離走が趣味なので、どちらかというと駆けっこをしたいなと思ってきたんですけど(笑)。

高橋 へえ? 中距離ですか。登山のトレーニングのために?

服部 いや、真剣に走ってるんです。マスターズ陸上の日本一を狙いたくて。

高橋 えっ!? 何分ぐらいで走るんですか。

服部 調子がよければ800mは2分5秒ぐらい。

高橋 私より速い! 1500mは?

服部 去年自己ベストが出て、4分27秒です。

高橋 じゃあ、1500mになると私が勝てるわけですね。よかった(笑)。

服部 800mと1500mで考え方がぜんぜん違ってきますよね。好みとしては、ギャンブル的な800mのほうが好きなんですよ。

高橋 でも、それって山登りとはぜんぜん違う考え方ですよね?

服部 普通に登山道を歩く山登りとは違いますけど、クライミングには近いんです。

こちらは雑誌『Number Do』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 6152文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

大人の山登り。~ゼロから楽しむ入門編~

Sports Graphic Number Do 2012 Summer

大人の山登り。
~ゼロから楽しむ入門編~

 

高橋尚子
服部文祥

他競技の前後の記事

ページトップ