SCORE CARDBACK NUMBER

「敗者の物語」を描き出す、
不況下で生まれた新雑誌。
~“読むフットボール”を掲げて~ 

text by

豊福晋

豊福晋Shin Toyofuku

PROFILE

photograph byShin Toyofuku

posted2012/05/23 06:01

「敗者の物語」を描き出す、不況下で生まれた新雑誌。~“読むフットボール”を掲げて~<Number Web> photograph by Shin Toyofuku

昨秋の創刊から7号を出版。表紙を飾るのはスターばかりでなく、味のある選手や監督も。

 36年間続いたスペインの老舗サッカー週刊誌『ドン・バロン』。その昨秋の休刊は多くのファンを悲しませたが、それに代わるように新たな雑誌が創刊され、人々の心を掴み始めている。

 タイトルは元チェコスロバキア代表MFアントニーン・パネンカの名をとった『Panenka』。「新たなサッカー報道を」と集まったフリーライターや出版関係者を中心にバルセロナで立ち上がり、少しずつ販売網を広め、今では全国区の月刊誌となっている。

『Panenka』はこれまでのスペインのサッカーメディアとはひと味違っている。

 編集指針は「El Fútbol que se lee(読むフットボール)」。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 643文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連記事

海外サッカーの前後の記事

ページトップ