SCORE CARDBACK NUMBER

異色の采配を的中させる、
スパーズHCの深謀遠慮。
~プレーオフでNBAの常識を壊す!?~ 

text by

宮地陽子

宮地陽子Yoko Miyaji

PROFILE

photograph byGetty Images

posted2012/04/22 08:01

異色の采配を的中させる、スパーズHCの深謀遠慮。~プレーオフでNBAの常識を壊す!?~<Number Web> photograph by Getty Images

1996年からスパーズを率い4度優勝に導いたポポビッチ。指導は厳格だが選手の信頼は厚い。

 サンアントニオ・スパーズのヘッドコーチ、グレッグ・ポポビッチは若い頃、空軍士官としてロシアにいたことがある。本人は認めないが、アメリカ軍のスパイだったらしい。だからなのか、なかなかの策士である。

 たとえば、4月頭にシーズン2度目の11連勝を記録した次の試合のこと。勝てば12連勝となるユタへの遠征に、ポポビッチはチームの中心選手3人、ティム・ダンカン、トニー・パーカー、マヌ・ジノビリを連れて行かなかった。主力を欠いたスパーズはジャズを相手に接戦を落とし、連勝は11で止まった。実は2月にも同じように11連勝後の試合で3人を休ませ、連勝を止めている。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 612文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

関連コラム

サンアントニオ・スパーズ
グレッグ・ポポビッチ

バスケットボールの前後のコラム

ページトップ