Sports Graphic Number SpecialBACK NUMBER

<レッドソックスを再建できるのか?> ボビー・バレンタイン監督 「私が変える。私は変わらない」 

text by

出村義和

出村義和Yoshikazu Demura

PROFILE

photograph byYukihito Taguchi

posted2012/04/13 06:00

<レッドソックスを再建できるのか?> ボビー・バレンタイン監督 「私が変える。私は変わらない」<Number Web> photograph by Yukihito Taguchi
弱体化した名門球団の再建は、日米球界での輝かしい実績を誇り、
荒ぶる情熱と緻密な分析力を併せ持つ、この智将に託された。
就任早々から精力的に動き回り、自分色にチームを染め上げていく。
“ボビー・マジック”は、ボストンの地でも炸裂するだろうか。

 名門レッドソックスの監督として10年ぶりにメジャー復帰したボビー・バレンタインは、相変わらず驚くほどエネルギッシュだ。

 スプリングトレーニングでは、その動きの激しさは誰よりも目立ち、どの選手よりもメディアの注目を集めた。とにかく、じっとしていることはない。練習前、全員を集めてのミーティングが終わると、選手たちは投手陣、内外野のグループに分かれて6面ある広大な練習フィールドに散っていくのだが、バレンタイン監督は何度も行ったり来たりしながら、その全てを見て回る。

 練習ぶりをチェックするだけでは飽き足らず、自然と体が動いてしまうのか、自らも文字通り手取り足取りの直接指導に乗り出す。例えば、一塁に出塁したときのリードの取り方や、牽制での帰塁の方法を教える。左手首の故障で別メニューのカール・クロフォードに自らトスを上げてマンツーマンでバントの仕方を指導する。フィールド間を移動するときにファンから声がかかれば、手を上げ、サインにも応じる。移籍選手がその場を通るときなどは、大声でファンに向かってその選手を紹介する。容貌はともかく、その精力的な動きはとても61歳とは思えない。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 4067文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

ボビー・バレンタイン
ボストン・レッドソックス
松坂大輔

MLBの前後の記事

ページトップ