SCORE CARDBACK NUMBER

国内不振で急増する、
日本人格闘家の海外流出。
~UFC JAPANは成功したけれど~ 

text by

布施鋼治

布施鋼治Koji Fuse

PROFILE

photograph bySusumu Nagao

posted2012/04/06 06:00

国内不振で急増する、日本人格闘家の海外流出。~UFC JAPANは成功したけれど~<Number Web> photograph by Susumu Nagao

1月8日に堀口恭司と対戦、判定勝利を収めた上田は、ベラトールFCと2年契約を結んだ。

 最近、日本のMMAファイターが続々と海外の大会に参戦している。3月31日には石井慧がブラジルで行なわれたAFC2でソクジュと対戦 (原稿執筆後、試合は直前にキャンセル)。同日シンガポールで行なわれたOne FC3には川尻達也ら4名が参戦した。

 One FCはDREAMと提携中の新興イベント。今年はマレーシア、フィリピン、シンガポールと開催が続くため、今後も日本人選手が大挙して参戦する可能性が高い。他のアジア地区でも日の丸部隊は引く手あまた。韓国や中国で行なわれたMMA大会にも日本人選手が出場した。4月7日には、インドのMMA大会にミノワマンが参戦する。

この記事は雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

関連コラム

青木真也
エディ・アルバレス
上田将勝
中村浩士
石井慧
川尻達也

格闘技の前後のコラム

ページトップ