SCORE CARDBACK NUMBER

全日本を次々と襲った、
ドラマチックな“春の嵐”。
~武藤の長期欠場と浜亮太の快挙~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph bySPORTS NIPPON

posted2010/04/20 06:00

全日本を次々と襲った、ドラマチックな“春の嵐”。~武藤の長期欠場と浜亮太の快挙~<Number Web> photograph by SPORTS NIPPON

シャイニング・ウィザードなど、ヒザへの負担の大きい必殺技が、武藤の足を蝕んでいた

 全日本が連日、ドラマチックな“春の嵐”に見舞われている。

 まずは肝心の大黒柱・武藤敬司が3月9日、都内の事務所で緊急会見。古傷の右ヒザが悪化し、医師に「変形性ヒザ関節症」と診断され、手術のために長期欠場すると発表したのだ。

 社長兼エースのダウンは、営業・戦力の両面で大きな痛手。関係者には当然、ショックが広がった。会見に詰めかけた担当記者たちも「海外遠征の発表かな」ぐらいに思っていただけに、「本当かよ!」と一様に驚きの声を上げていた。

 武藤は新日本時代、右ヒザの治療で3度手術を行なっている。鎮痛剤の量も増え、日常生活にも支障をきたすようになっていた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 633文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

Last SAMURAI of Formula 1可夢偉のすべて、琢磨のいま。

関連記事

武藤敬司
浜亮太
西村修

プロレスの前後の記事

ページトップ