SCORE CARDBACK NUMBER

ミスター・ヒト逝って、
昭和は遠くなりにけり。
~異能派レスラーを偲ぶ~ 

text by

門馬忠雄

門馬忠雄Tadao Monma

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2010/05/30 08:00

ミスター・ヒト逝って、昭和は遠くなりにけり。~異能派レスラーを偲ぶ~<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

リングネームは昭和天皇の名前から拝借。引退後は故郷の大阪でお好み焼き屋を経営した

 団塊の世代には懐かしの異能派、ミスター・ヒト(本名=安達勝治)さんが4月21日、入院先の大阪市内の病院で亡くなった。67歳だった。

 昨年秋から、長く患っていた糖尿病が悪化し、入退院を繰り返していた。今年の1月に右足を切断、その傷口から雑菌が入り、薬が効かない状態になっていたという。

 彼のデビュー時を知る仲間は皆、本名の安達と呼ぶ。大相撲・出羽海部屋出身。浪速海の四股名で幕下17枚目が最高位。なにしろ、人を食った新人だった。

 1967年(昭和42年)の春、日本プロレスに入門した頃は、ちょうど選手の大型化の波が押し寄せていた。196cm、125kgで柔道日本一の坂口征二がプロに転向、同期に戸口正徳(キム・ドク)、轡田友継(サムソン・クツワダ)、後輩の小沢正志(キラー・カーン)、国際プロにはグレート草津、ストロング小林など、190cm台の選手がゴロゴロいた。

こちらは雑誌『Number』の掲載記事です。
ウェブ有料会員になると続きをお読みいただけます。

残り: 538文字

ウェブ有料会員(月額300円[税別])は、この記事だけでなく
NumberWeb内のすべての有料記事をお読みいただけます。

32カ国が語るW杯の論点。

Sports Graphic Number 754

32カ国が語るW杯の論点。

 

関連記事

ミスター・ヒト

プロレスの前後の記事

ページトップ