野次馬ライトスタンドBACK NUMBER

オープン戦の勝敗に一喜一憂セヨ!
DeNAは開幕前優勝を本気で目指す。 

text by

村瀬秀信

村瀬秀信Hidenobu Murase

PROFILE

photograph byHideki Sugiyama

posted2012/03/18 08:01

オープン戦の勝敗に一喜一憂セヨ!DeNAは開幕前優勝を本気で目指す。<Number Web> photograph by Hideki Sugiyama

昨年まではほんの一握りしかいなかった報道陣が、今季は春季キャンプから殺到している横浜DeNAベイスターズ。選手の調子よりも中畑清監督の一挙手一投足が連日のテレビ、新聞などを賑わせている。

ペナント争いばりの気合いでオープン戦を制覇せよ!

 毎年毎年、同じことを書いているような気もするが、今年は本当です。ベイスターズはまるっきり違う球団に生まれ変わりました。

 何より熱い。球団の姿勢も熱いが、中畑キヨシの熱が笑えるほど凄い。その常識外れなまでに熱狂おしい言動は、選手たちを動かすだけでなく、昨年まで負けても負けても怒りも嘆きも悲しみもせず、皮肉屋になるしかなくなっていた筆者のような輩に、忘れかけていた熱を思い出させてくれた。

 ここまで来たら、中畑監督と選手だけでなく、ファンも本気になって後押しし、オープン戦の優勝を大真面目に狙うべきではないか。考えてもみろ。ベイスターズが優勝できる可能性がこんな近くにあるなんていつ以来だ? 優勝争いを経験したことのないファンも大勢いるだろう。オープン戦だからと冷めているのはモッタイない。どうせシーズン優勝にはまだ時間が掛かるだろうし、ほかの11球団が冷めている中、1球団だけシーズンの優勝争い並みの気合いで戦って、それで優勝することができたなら、絶対に何かが変わると思うのだが。

 ああ、考えれば考えるほど面白すぎる。こんなチームの歴史が大きく変わりそうなシーズンの予感、いつ以来だろうか。

関連記事

BACK 1 2 3 4
横浜DeNAベイスターズ
中畑清

プロ野球の前後の記事

ページトップ