野球善哉BACK NUMBER

ライバル澤村に肩を並べるため――。
中日の2年目左腕、大野雄大の意地。 

text by

氏原英明

氏原英明Hideaki Ujihara

PROFILE

photograph byNIKKAN SPORTS

posted2012/02/15 10:31

ライバル澤村に肩を並べるため――。中日の2年目左腕、大野雄大の意地。<Number Web> photograph by NIKKAN SPORTS

キャンプでは1日に200球を投げ込んで、今中慎二2軍ピッチングコーチに無理矢理止められた大野雄大。「とにかく開幕1軍で」との言葉通り、スタートダッシュを目指した調整を続ける

「ストレートで勝負できてなんぼのピッチャー」

 昨シーズンは故障を考慮されて、キャンプは2軍スタート。故障が癒えると6月末から実戦に復帰した。2軍の日本一を争うファーム日本選手権で先発し、勝利投手となる。1軍でも、勝てば優勝の可能性があった10月14日の巨人戦で初先発(7失点で敗戦投手)するなど大舞台の経験を踏んだ。

 そして、この春季キャンプでは1軍入り。

 岡田俊哉、小川龍也ら同じ左腕とともに、オリオールズへ移籍したチェンの穴を埋めるべく、競い合っている。

 とはいえ、「怪我をする前からすると7割くらい」と本人が話しているように、まだベストパフォーマンスを発揮できるまでには至っていない。キャンプでは、常に、岡田や小川らと同組に入るなど首脳陣の意図は3人を競わせたいのだろうが、彼が見据えるべきものはもっと先にある。

「キャンプが始まったばかりで、この時期でベストピッチができるかといったら、無理なのかもしれない。でも、それを差し引いても、自分のストレートはまだまだだと思います。この1年間の僕の課題はストレートのレベルを高めること。ストレートで勝負できてなんぼのピッチャーやと思うし……とにかくこの1年間、ストレートを磨いていきたい」

コンディションを取り戻し、「澤村にリベンジしたい」。

 目指すべきなのは、今季の開幕ローテーションでも、1年間ローテーションを守ることでもない。ベストコンディションを取り戻すことだ。

「大学時代のいい時なら、僕のストレートは澤村に負けていないって自信がありました。でも、去年の終盤に投げ合った時は完全に負けていましたね。もちろん、負けていたのはストレートだけじゃなかったんですけど、悔しいですね。澤村にリベンジしたいっていう気持ちが強くある」

 11日の試合では2イニング目の最後をストレートで三振に斬って取った。やはり、この男はストレートで生きる男なのだと再確認したが、その一方、マウンド上で打球を追う弱気な一面を見せるなど、まだまだ彼らしさは出ていないように見えた。

「大野雄大のストレートを打ってみろ!」

 彼の背中がそう言い始めた時、大野は真の復活を遂げる。

関連記事

BACK 1 2 3
中日ドラゴンズ
大野雄大
澤村拓一
岡田俊哉
小川龍也

プロ野球の前後の記事

ページトップ