Jリーグ観察記BACK NUMBER

原口元気の問題は他人事ではない!?
Jリーグが取り組むべきメンタルケア。 

text by

木崎伸也

木崎伸也Shinya Kizaki

PROFILE

photograph byToshiya Kondo

posted2012/02/14 10:31

原口元気の問題は他人事ではない!?Jリーグが取り組むべきメンタルケア。<Number Web> photograph by Toshiya Kondo

浦和レッズのユース出身の原口は、2月5日に行われたファン感謝イベントで「自分の幼稚な行動で去年はたくさんの人に迷惑をかけてしまって、本当に申し訳ありませんでした」と、事件について謝罪した

選手の立場を知る元Jリーガーに適任の分野だが……。

 昨季、ブレーメンがブンデスリーガの残留争いから抜け出すのに一役買ったイェルグ・レールは、元ハンドボールドイツ代表だ。2度のブンデスリーガ優勝を経験し、代表キャップ数は94を誇る。引退後にモチベーショントレーナーの会社を立ち上げ、ハンドボール、サッカー、ビジネス界など幅広い分野で活躍している。

 いくら専門知識があっても、大学で心理学を学んだだけのトレーナーだと、なかなかプロ選手は耳を傾けない。もちろんヨーロッパには学業面からアプローチして成功を収めているメンタルトレーナーもたくさんいるが、選手としてトップで戦った経験があると、より現場で信頼関係を築きやすいのだ。

 ヴィッセル神戸を引退した宮本恒靖が欧州に留学してFIFAマスター(スポーツに関する組織論、歴史・哲学、法律についての国際修士)を取得することを目指しているように、日本サッカー界でも現役を終えた後のキャリアが多様化し始めている。

 今後、日本サッカー界のメンタルケアの分野をさらにレベルアップするためにも、Jリーグで活躍した選手がメンタルトレーナーを目指すのも悪くないのではないだろうか。きっとその分野に向いた人材が、たくさんいるはずである。

■関連コラム ► <密着ドキュメント> 宮本恒靖 「グッドバイ」
► Jリーグ新監督達の理想と現実。シーズン前にチームをどう変える?

コメントする・見る

関連コラム

BACK 1 2

この記事にコメントする

利用規約を遵守の上、ご投稿ください。

原口元気
浦和レッズ
犬飼基昭
フィリップ・ラウックス
イェルグ・レール

Jリーグの前後のコラム

ページトップ